2018年夏アニメを評価してみる【継続して視たいおすすめアニメ】

8月に入り、今年の夏アニメも大体3分の1を消化。

評価が出揃ってから視聴を始める人もそろそろ動き出した頃でしょうか。

この記事では私的な2018年夏アニメの感想を簡単に書いていきますので、もし宜しければ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

注意事項

・あくまで個人的な感想、評価です

・評価はA~Dで付けています(A:とても面白い、B:面白い、C:普通、D:つまらない)

・作品は随時追加します

はたらく細胞

【評価】C

【視聴】4話まで(視聴打ち切り)

人間の体内を舞台にした細胞の擬人化コメディという一風変わったアニメ。意外と戦闘シーンが多いです。

突飛な設定ではあるものの、話は奇をてらわないセオリーに沿った展開なので安心して観ていられます。

とはいえ設定以外は突出した点が見当たらず、つまらなくはないけど特別面白くもない

「細胞の説明で長時間画面が停止する」「ヒロイン(赤血球)に魅力を感じられない」のは個人的にマイナスかな。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術

【評価】B

【視聴】4話まで

オタクが感情移入しやすい主人公(女性が苦手なネトゲ廃人)が、苦労もせずチート級の強さを手に入れ、大した理由もなく美少女にモテまくる典型的ななろう系アニメ

こういうのが合わない人はとことん駄目でしょう。スマホもデスマも完走した私は結構楽しんで観ていますが(^ω^)

今のところはそれらの作品ほど何でもアリなチート能力じゃないし(ただ強いだけ)、取り巻くヒロインも2人だけなのでハーレム感は薄いのが好印象です。なろう系は度を超えると途端に気持ち悪くなりますからね(スマホが良い例)。

ちょっとエッチなシーンが多いのも〇。おっぱいエルフ最高なんじゃ(^。^)

ただ、デスマほど設定は凝ってない印象。

ゆらぎ荘の幽奈さん

【評価】C

【視聴】3話まで

典型的なハーレム系ラブコメ。

メインヒロインである幽奈さんの可愛さ少年ジャンプ原作とは思えないちょっとHなシーンがウリ(I”sとかトラブるもあったし今更か)。

ラッキースケベのオンパレードで、胸はtkbさえ見えなければOKの精神、パンツは丸出し、果ては顔面○乗となかなかに過激な内容となっています。

コメディとしては昔ながらのノリというか、古臭いラブコメのノリですね。新しくはないですが安定感はあります(面白いかといえば、、、まぁ普通です)。

とはいえ、理不尽系暴力ヒロインの存在は悪い意味で古臭いような。コメディとはいえ身勝手すぎるキャラには嫌悪感を覚える人も居そうです。

あそびあそばせ

【評価】B

【視聴】3話まで

OP詐欺アニメ個性的なJC3人組がメインのギャグアニメ。

普段の可愛らしい外見からは想像できない過激な言動や変顔(ギャップ)で笑いを取るタイプ。

1話が一番面白かったあたり、やはりインパクト勝負という感じはする。

ちおちゃんの通学路

【評価】C

【視聴】5話まで

洋ゲー好きJKが主人公のギャグアニメ。

面白い話もあるんだけど、ノリがキツイ場面も多々ある(特にブラッディバタフライのくだりは寒すぎた)。今のところは半々くらいという印象( ̄ω ̄ )

1話はつまらないので、そこで視聴を止めてしまうのはちょっと勿体無いかも?

総評

ちょっとHなシーンがあると特別面白くなくてもついつい視聴を続けてしまいます。

しゃあないね、男だから(´;ω;`)

最初にA~Dで評価すると書いたんですけど、なかなかAとかDって付けられないものですね・・・手放しに褒められる作品なんてそうそう無いし、今時そこまでクオリティの低いアニメも無いというか。

でもまぁ、今回評価した中では「あそびあそばせ」が一番好きかな。

「異世界魔王」も今のところは良い感じの俺ツエー感なので、この調子で頑張って貰いたいところ(デスマは終盤の失速が酷かったからなぁ…)。

また新しく見たアニメがあれば追記していこうと思います。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

フォローする