東京メトロを巡る謎解きゲームに挑戦してきました

謎解き街歩きゲーム『地下謎への招待状2016』で遊んできたので紹介したいと思います。

公式サイト

「地下謎への招待状2016」概要

地下鉄(東京メトロ)の駅構内および駅周辺に用意された謎を解きながらゴールを目指す体験型のイベントです。

今回で開催も3回目となり、高い人気があることが伺えます。

【開催期間】
2016年10月1日(土)~2017年1月31日(火)

【料金】
2,160円(謎解きキット+1日乗車券)

謎解きゲームについて

img_2128

謎解きキットの中身はこんな感じ↑。

問題が記載されているガイドブック、路線図、1日乗車券、謎解き用アイテム、ペン、取っ手付きクリアファイルから構成されており、これらの道具をフル活用して謎を解いていくことになります。

「え、ここでコレを使うの!?」なんて驚きもあったりして・・。大事なのは閃きです。

基本的には、

ガイドブックに記載されている謎を解く
→判明した目的地(駅)に向かう
→駅構内や駅周辺に設置してある謎を解く
→判明した目的地(駅)に向かう

といった流れで進行します。

駅から大きく離れることはないので(徒歩5分圏内)、多少の雨なら問題なく遊べると思いますよ(^_^)

特に謎解きゲーム初心者にオススメしたい

今回に関して言えば、謎の難易度はかなり低いです(前回もわりと簡単でしたが)。

それが謎解きゲーム初心者にオススメする理由になります。

一応言っておきますが、私は謎解きはそれほど得意ではありません。前々回の初参加時には問題の半分以上が解けず、友人に任せきりになってしまったようなレベルです。その時でさえ、友人曰く「リアル脱出ゲームの方が数段難しいよ」でした。

謎解きゲームの楽しさって、ふとした閃きで「あ・・・!分かった!」ってなる瞬間だと思うのです

現在開催中の『地下謎への招待状2016』は、謎解きに慣れてない方が『謎解きの楽しさ』を感じるには打ってつけのイベントではないかと思います。

逆に言えば、謎解きゲームに慣れている方にはちょっと物足りないかもしれません(^_^;)

興味の湧いた方は参加してみて下さい!

アドバイスや注意点など

・4~5時間くらいかかります

・どうしても判らない場合は誰かに聞いちゃうのもアリかも(公式サイトにヒントもあります)。休日なら結構な数の人が参加しているので、周りには誰かしらいる筈です

・周りには他の参加者も居ます。謎の答えを口に出すのは止めましょう

・↑こういったネタバレを避けるためには「問題文を写真に撮り、謎解きは離れた場所で行う」といった方法が有効です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする