アルケミストが自己破産申告

アルケミストが2016年4月1日付で,札幌地方裁判所に対し,自己破産を申し立てたことが関係者により明らかになった。

全文を読む

引用元:4Gamer.net(http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20160405055/)

アルケミストは、主にPCエ○ゲーのコンシューマ移植作品を手掛けていたメーカー。

代表作は『ぎゃる☆がん』『ひぐらしのなく頃に絆』など。

個人的には縁の無かったメーカーさんですが、こういったニュースは悲しいです。

エ○ゲー自体が下火なので、もう移植だけではやっていけないのかもしれません。

近年はアニメ原作のキャラゲーや小さな女の子向けのDSソフトなども出していますし、直近では人気テレビ番組のゲーム化、ソシャゲ進出など色々と努力は伺えるのですが・・

『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』で10,000円のダウンロードコンテンツ(女の子の衣装が透け透けになる)が話題になりましたが、経営的にもう形振り構っていられなかったのかもしれませんね。

とはいえ、(勝手な憶測ではあるのですが)『ぎゃる☆がん』が経営悪化の原因である可能性もありそうです。

移植作品やDSゲーとは開発費用も桁違いでしょうし、何よりあんまり売れていません。

そこそこ有名ではあると思うのですが、1作目が2~3万本(XBOX/PS3合算)、2作目が1万本ちょい(PS4/PSVita合算)・・・2作目は採算とれてないのでは?

エ○を前面に押し出したゲームって、話題性のわりには売れないこと多い気がします。まぁ、コンシューマでエ○って中途半端ですもんねぇ。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする