「AnimeJapan 2016」開幕 PSVR体験ブースが人気

アニメ関連のコンテンツを集めた展示会「AnimeJapan 2016」が東京ビッグサイトで開幕した。3月26日、27日の2日間開催される。

(中略)

■ PlayStation VRに長蛇の列!

今回、ソニーグループはソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)をはじめ、ソニー(加藤恵Project)、アニプレックスなど多方面で展開している。そんな中でも目を引くのが、PlayStation VRブースだ。試遊のためには整理券が必要だが、10時と12時に配布された整理券には長蛇の列が出来上がり、配布開始40分前にはなくなってしまう人気ぶり。

全文を読む元記事削除済です(2016/4/10追記)

引用元:Yahoo!ニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000016-impress-game)

PlayStation VR、私も体験してみたいです。

実際に体験した人の感想は大抵が絶賛ですからね。きっと体験した人しか判らないような、これまでのゲームとは全く異なる何かがあるのでしょう。

停滞した日本のゲーム業界に革命を起こせるか、どうしても期待してしまいます。

ただ、ちょっとPSVRに懐疑的になっている自分も居まして。

というのも、実は少し前に秋葉原でVR体験をしてきたのです。もちろんPSVRではないのですが、5万円くらいのやつでした(すみません、商品名確認するの忘れました。トレーダーの奥にあるPCショップで体験したのですが・・)。

これが完全に期待外れ。

カメラの追従はなかなか良いです。首を横に向けると横が見え、下に向けると下が見える。これはなかなか感動しました。

ただ、視野角が狭い。普段見ている視野よりずっと狭い。カメラの追従が良くたって、これじゃ意味ないです。おまけに解像度も低い。これではリアリティを感じられません。

メガネありだと装着がキツイのもマイナス(この点はPSVRだと大丈夫だと聞いていますが)。

5万円でこんなレベルですからね・・PSVRなら大丈夫、と思いたくても思えません。

やはり、一度体験してみないと始まりませんね。

高い買い物なだけに、こんな心境では購入に踏み切ることは出来ませんもの。

SONYさんには発売までに全国各地で体験会を開くなど、体験するチャンスを増やしていただきたいです。

さて、大事なのはソフトだろ?ということで、今回出展されたソフトは以下の通り。

・サイバー ダンガンロンパVR 学級裁判
・体感合体『アクエリオン・EVOL』
・SEGA feat. HATSUNEMIKU Project VR Tech DEMO
・The Deep(仮)
・THE PLAYROOM VR

詳細は判りませんが、ダンガンロンパはかなりVR向きなゲームに思えます。

証拠集めパートでは本当に自分で探しているような臨場感を味わえそうですし、学級裁判パートでは発言者以外がどんなリアクションを取っているのか見回してみたり出来そう?何よりサラウンド音声の恩恵が半端なさそうですよね。

作る手間も半端なさそうですが(笑)

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする