【LINE:ガンダムウォーズ】パイロット特訓が実装!詳細まとめ

スマートフォン用ゲームアプリ『LNE:ガンダムウォーズ』にて、以前から告知されていた「パイロット特訓」機能が実装されました。

以下、実装内容をまとめています。

関連記事:

LINE:ガンダムウォーズ 関連記事 INDEX
当ブログ内の『LINE:ガンダムウォーズ』に関連した記事の目録です。 『LINE:ガンダムウォーズ』は下記のリンクから...

スポンサーリンク

パイロット特訓機能の詳細

img_1465

img_1466

img_1467

img_1468

img_1469

img_1470

要点をまとめると、

・パイロット特訓が可能なのはレベル上限(初期はLv20)に達しているパイロットのみ

・特訓を行うには特訓相手となるパイロットが1人必要

 – 特訓するパイロットと同じグレードである必要がある(それ以外は特に条件なし)
– 特訓相手の能力が特訓の結果に影響することはない(と思われる)
– 特訓相手は消滅する

・パイロット特訓を行うとパイロットのグレードが上がる

 – レベル上限が2上がる
 – グレード2、4、6で「アビリティ」を習得する

・「アビリティ」にはパイロットの能力をアップする効果がある

 – 習得するアビリティはランダム(ただしパイロット毎に傾向はある)
– アビリティのレベルが上がると効果もアップする(ただしレベルアップ機能は未実装
– 同じアビリティは重複して習得しない
– アビリティの種類は今後のアップデートで追加される予定
特定のアイテムを使用することでアビリティの付け替えが可能(新たに習得するアビリティはおそらくランダム)

実装済みアビリティ一覧

・パイロットの射撃を10アップ
・パイロットの格闘を10アップ
・パイロットの命中を15アップ
・パイロットの回避を15アップ
・パイロットの覚醒を5アップ

(↓2016/10/31追記)

・機体の最大HPを1アップ
・機体のビーム攻撃を0.5%アップ、実弾攻撃を0.5%アップ
・機体のビーム攻撃を1%アップ
・機体の実弾攻撃を1%アップ
・機体のビーム防御を1%アップ、実弾防御を1%アップ
・機体のビーム防御を2%アップ
・機体の実弾防御を2%アップ
・機体のEN回復量を3%アップ

アビリティのランクアップ機能が実装されるまでは、あまり意味は無さそう。

1%アップとか言われてもねぇ(´・ω・`)

実際にパイロット特訓してみた

img_1460

img_1462

img_1464

ふざけるな

パイロット特訓は廃人プレイヤー御用達の機能だと思おう

パイロット特訓機能を楽しみにしていたユーザーは多いと思います。

早速グレードを上げようと思っている方も居るでしょう。

ただ、パイロットのレベルをMAXにするには結構なコインが必要になるので、特訓相手を用意するのは楽じゃないです。

仮に1人のパイロットをグレード6まで上げようとした場合、

[グレード2に上げる]
パイロットが1人必要[消滅]

[グレード3に上げる]
グレード2のパイロットが1人必要[消滅]
⇒Lv20のパイロット1人 + パイロット1人[消滅]

[グレード4に上げる]
グレード3のパイロットが1人必要[消滅]
⇒Lv22(グレード2)のパイロット1人 + Lv20(グレード2)のパイロット1人[消滅]
⇒Lv20のパイロット2人 + パイロット2人[消滅]

[グレード5に上げる]
グレード4のパイロットが1人必要[消滅]
⇒Lv24(グレード3)のパイロット1人 + Lv22(グレード3)のパイロット1人[消滅]
⇒Lv22(グレード2)のパイロット2人 + Lv20(グレード2)のパイロット2人[消滅]
⇒Lv20のパイロット4人 + パイロット4人[消滅]

[グレード6に上げる]
グレード5のパイロットが1人必要[消滅]
⇒(省略)
⇒Lv20のパイロット8人 + パイロット8人[消滅]

となるので、Lv20以上のパイロットが15人も必要になるわけです。

わぁ、クソみたいなシステムですね(^ω^)

1人をレベル20にするだけでも大量のコインが必要だというのに、一体何を考えてこんなシステムにしたのか(あくまでやり込み要素という位置づけなのかも?)。

取り敢えず、廃人プレイヤー以外はグレード2にするだけで十分だと思います(アップデートで種類が増えるのを待った方がいいかも)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする