めがみめぐり プレイ感想(1) 流暢な合成音声に感動

ニンテンドー3DSで配信開始されたばかりの基本無料ソフト「めがみめぐり」を早速プレイしてみたので、感想を書いていきたいと思います。

このソフトはMiiverseとの同時起動が出来ないため、Miiverseを利用したスクリーンショットが使えません(´;ω;`)そのため、画像はスマホ直撮りのちょっと汚いものになっています。ご了承ください。

スポンサーリンク

あらすじ

主人公の持ち物である交通系ICカード(要はSUICAとかPASMO)に付喪神が宿ったことで、どうやら偉い「めがみ」であるらしいアマテラス様からその付喪神を立派な「めがみ」に育てろとの神託が下ります。

アマテラス様。低身長、貧乳を気にしている節あり

アマテラス様。低身長、貧乳を気にしている節あり

何年使ってるカードなのか知らないけど、付喪神宿るの早過ぎない?(^_^;)

まず最初に、主人公であるプレイヤーの名前を聞かれます。

いつもなら適当にニックネーム的な名前にしているのですが、このゲームは「合成音声によるフルボイスでのコミュニケーション」がウリらしいので、実名を使った方がより感情移入して楽しめるのかも?うーん・・・悩む!(>∀<)

悩みましたが、実名にしました。私が画像の加工を忘れない限り明かされることはありませんが(笑)

発音の仕方も数パターンから選ぶことが出来ます

img_1909

うおぉ・・・主人公の名前だけでも10分くらい悩んだのに今度はヒロインの名前ですか。

うーん、そのままってのもなんだかなぁ・・・という気もするけど、デフォルトネームの「ツクモ」が結構しっくりきたので変更無しでいきます。あんまり女の子の名前って感じがしないけど(だいたい陸奥圓明流のせい)。

あ、ちなみに、画像上下の黒縁は画面の外が映ってしまっているだけです。まぁスマホ画像なので勘弁してやってください(-_-;)

img_1912

ツクモ、意外と小型サイズだった(笑)

初めてのコミュニケーション

ツクモは生まれたばかりなせいか話すことすら出来ない模様。

ですが、コミュニケーションを交わすことで少しだけ喋れるようになります。

最初のコミュニケーションでは好きな食べ物を聞かれました

最初のコミュニケーションでは好きな食べ物を聞かれました

アマテラス様から神衣を貰い、地味な衣装からチェンジ。

img_1928

神衣を着るとパラメータが大きく上昇するようで、パラメータを上げて神格試験に合格することで「めがみ」に近づくことが出来るんだとか。

ちなみにパラメータは「こんじょう・つよさ・かしこさ・やさしさ・うつくしさ」の5つ。根性がないと女神にはなれない・・・神様も楽ではないのね。

神衣はおそらく課金要素なんだろうけど、無料でもある程度は集められるといいなぁ(´・ω・`)

チュートリアルの最後に神格試験に挑戦。

基本はオートで進みますが、ツクモの能力が足りていない分を応援(ミニゲーム)でアシストすることが出来ます。

言葉を見つけてなぞるミニゲーム

言葉を見つけてなぞるミニゲーム

覚えさせている言葉が「カツ丼」だけなせいで、ひたすら「カツ丼」を連呼して応援することに(笑)

さぁ、旅の始まりだ!

試験に合格して神格が上がってもまだ上手く喋れないツクモでしたが、アマテラス様から勾玉を貰ったことでようやく流暢に喋れるようになりました。

そして、

img_1933

ちょっと感動した(´;ω;`)

これにてチュートリアル終了です。

ちなみに、「感謝の言葉」や「挨拶」はプレイヤーが(単語入力して)教えたものなので、酷い言葉を教えていた場合、感動は一切無くなるでしょう(笑)

(教えた言葉はミニゲームでも使用するので、あまりに適当な、単語として判断しにくい言葉を覚えさせてしまうとミニゲームで苦戦することになります)

まだチュートリアルを終えただけですが、想像以上に流暢な合成音声に驚いています。これは画期的だと思う(私の知ってる合成音声なんてゆっくりと民安くらいですが)。

まぁ、あまり上手く発音してくれない単語もありますけどね(小文字入りとか)。それでも総合的に見て本当に良く出来てると思います。

さて、短いですが今回はここまで。

次回は、このゲームの各種機能や課金要素、ゲームの進め方(すごろく)などを紹介したいと思います。宜しければご覧下さい。

img_1932

めがみめぐり プレイ感想(2) 願いを叶えるかどうかは神様次第なんだなぁ
前回記事: ニンテンドー3DSの基本無料ゲーム『めがみめぐり』のプレイ感想です。 掲載画像はスマホ直撮りのため汚くな...

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする