週刊少年ジャンプ オレコレクション! レビュー バトルが面白くない

先日配信開始された『週刊少年ジャンプ オレコレクション!』を早速遊んでみたので、軽く感想など書いていこうと思います。

ちなみに私のジャンプ歴は1990年代前半~2000年代後半くらいまでです。

もっと古い作品でもプレイボールやジョジョなどは読んだことがありますが、最近の作品になると黒子とかソーマあたりからもう全然判らないですね(^_^;)

スポンサーリンク

「週刊少年ジャンプ オレコレクション!」はこんなゲーム

ガチャなどで入手したキャラクターカードでパーティ(メイン3人、サポート2人の計5人)を編成。バトルは基本オート進行で、必殺技やスキル使用時だけタップ。

かなりオーソドックスなタイプのソシャゲですね。

目新しさはありませんが、ある程度ソシャゲ慣れしている人なら取っつき易い内容と言えるでしょう。

それに、「ジャンプ作品のオールスターゲー」というだけで十分な個性がありますから、ゲームとしてはシンプルなくらいで丁度いいのかも?

リリース直後から幅広い年代の人気作品が多数参戦!

漫画が動き出す!?独特な演出が楽しい!

本作の特徴とも言える「漫画のコマが動くようなアニメーション演出」が面白いですね。

必殺技やボス戦の導入演出、一部のシーンカード(名場面のコマを再現したカード。キャラクターに装備してパワーアップ出来る)などで見ることが出来ます。

実際に漫画にあったコマが使われているので、メチャクチャ懐かしい気持ちになります。少年時代はジャンプ大好きだった私は感動すらしてしまいましたよ(´;ω;`)

超美麗グラフィックとかではないですけど、味があって好きですね~。

それに、低スペックなスマホでも遊べることは1つの長所と言えるでしょう。(ミリシタは爆熱でまともに遊べなかった私の5sでも問題なく遊べています)

ただ、必殺技のたびにアニメーション演出が入るのは結構ウザい(´・ω・`)

オレコレクションの良い所

・ジャンプ愛が深いほど神ゲー

当たり前の話ですが、知っている作品が多いほど楽しめるゲームです。愛着のあるキャラでパーティを組むだけで満足感があります。

リリース直後なのでプレイアブルキャラは主役級のキャラばかりですが、敵キャラにはかなりニッチなキャラクターも用意されています(幽遊白書の1~2巻に出てきた幽霊の女の子とかw)。

そういった面でも、ジャンプ愛が深いほど楽しめるゲームと言えるでしょう。

・無課金に優しい

SSR率は5%(うちピックアップ3%)。まぁ良心的な方でしょうか。

課金石も結構配ってくれる印象。

それに、☆5を引かなくても全てのキャラクターが最高ランクまで進化出来る親切設計なので、「あれが欲しいこれが欲しい」と欲張らなければ課金しなくても十分に遊べそうです。

リリース記念キャンペーンのおかげもありますが、私の幽助がもうじき☆4から☆5になれそうなので、進化素材集めも現実的な難易度だと思います。

・動くコマ演出が楽しい!

オレコレクションの駄目な所

・ゲームとしてのオリジナリティに欠ける

ソシャゲ慣れしている人には取っつき易いと言いましたが、逆に「もうこういうゲームはいいよ…」と思う人も多いかもしれません。

正直、飽きてくるよね(´・ω・`)

・ジャンプ作品をあまり知らない人にはお勧め出来ない

面白さの大部分が「ジャンプのオールスターゲーであること」なので、知っているジャンプ作品が1/3程度は無いと厳しいと思います。

ゲームとしては平凡です。

・バトルが面白くない

オート放置出来るのは〇ですが、必殺技やスキルを自動使用してくれないので難関クエストは無理です。

自分で操作するには長くてだれる。面白くもない。

演出は良いけど何度か見れば飽きるし、むしろ毎回必殺技の演出を見せられるのが苦痛(追記:オプションでOFFに出来ました)

・ストーリーが一切無い

これに関してはイベントに期待ですね。

・強化素材がキャラクター枠を圧迫する

・シーンカードの生成が1枚ずつしか出来ない

総括

最終的な評価は今後開催されるイベントの内容次第ですね。これが質素なものであるなら、もう見限ってもいいと思ってます。

イベントで「オールスターゲー」としての面白さ(クロスオーバーとか)を出せないのであれば、評価は平凡なソシャゲーに留まるでしょう。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする