Caligula -カリギュラ- プレイ雑記1 独特な世界観が魅力的で引き込まれる

積みゲーを崩すまで新作は買わないとアレほど言っていたにも関わらず、懲りずに新作ゲームに手を出してしまいましたorz

というわけで、「Caligula -カリギュラ-」のプレイ記録を淡々と書いていこうと思います。

今回は序盤の内容なのでそれほど問題は無いと思いますが、ネタバレも含みますのでその点はお気を付けください。

スポンサーリンク

あらすじ

2016-06-30-175311

初めの難易度選択ではノーマルモードを選択(バージョンを1.01にしておかないと難易度選択自体が出ないので注意)。

主人公の名前を決定すると、オープニングが開始。

2016-06-30-180106

2016-06-30-180108

この辺は公式サイトにも載っているあらすじ部分なのでざっくりと説明しますが、、

・学園の入学式で新入生代表として登壇した男(響 鍵介)は、先日行われた卒業式で卒業したはずの人間だった

・響の顔が、ノイズの走ったような異様な顔に見えたことで動揺する主人公

・周りを見渡してみると、響だけでなく他の生徒や建物にもノイズのようなものが見える

・混乱した主人公は入学式を飛び出す

という流れで始まります。

早速ネタバレしまくるバーチャルアイドル

2016-06-30-180341

駅までダッシュで逃げてきた主人公くん。余程怖かったようです(笑)

駅前ではアイドルのライブ中ですが、その観客の生徒たち(サボりなの?)の顔もバグっています。

とにかく遠くへの一心なのか、駅に入ろうとする主人公でしたが・・・

2016-06-30-180449

2016-06-30-180609

アイドル(μ)からイキナリのネタバレ。

どうやらここは普通の世界ではないようですが・・・

2016-06-30-180712

μはとにかくこの世界から出したくないらしい。

2016-06-30-180734

人にお願いするときは、まず誠意を示すべきだろう?
(「とりあえず、お金かな・・・」を選択)

2016-06-30-181011

くれるのかよ(笑)

・・・恋人もらっとけば良かったな(´・_・`)

力に覚醒する主人公

2016-06-30-181108

ここで、突然謎の妖精?が飛来。

「メビウスの輪を解け」ってのは、「この世界を壊して中の人を元の世界に戻せ」という意味かな。味方っぽいですね。

μは拒絶の意を示しつつ、どこかへと退散。

すると、

2016-06-30-181138

主人公のせいでライブが中止になったと因縁をつけてくる生徒たち(;´Д`)

「お金くれ」って言っただけで何も言ってないっすよー。

2016-06-30-181405

リンチされそうになった主人公を助けてくれる佐竹さん。

どうやら彼も「生徒たちがバグって見える」ようで、入学式の様子を見て追いかけてきてくれたらしい。

奇抜な髪型だけど良い人そうですね。

2016-06-30-181606

一度は逃げ出すことに成功するも、妖精(アリア)がデカい声で騒いだせいで見つかってしまった。

というか、そのポーズはなんなんだよ(´・ω・`)

2016-06-30-181712

バグっている生徒たちが化物のような姿に変身!大ピンチってやつですね。

そして、大ピンチといえば・・・

2016-06-30-182303

そう、覚醒イベントです!

ここでは、アリアの質問に答える形で悩みや苦しみを吐き出すことで主人公が覚醒することになります。

自分の悩みに近い選択肢を選ぶと、感情移入出来て熱い覚醒シーンを楽しめます。が、同時に嫌なことを思い出すことで非常にネガティブな気分にもなります(体験談)

気を付けましょう。

初戦闘!

2016-06-30-182634

カメラはかなり自由に動かせますね。角度だけでなく位置調整も可能です。

その代わり、戦闘中の視点操作は全て自分で行う必要があります。今は簡単なものですが、戦闘参加人数が増えてくると見やすい位置に調整するのも大変になるかもしれません(あくまで想像ですが)。

それにしても、初めからかなり多彩なスキル(コマンド)を覚えてますね

攻撃スキルだけで通常技・ガードブレイク技・カウンター技、補助系のスキルとしてSP回復、敵が打ち上げられるのを待つ(連携用)スキルなんてのもありますね。

他にもガードやダッシュ(移動スキル)などがあり、なかなか奥が深そうです。

戦闘のメインとなるのは『イマジナリーチェイン』システム。

未プレイの方のために簡単に解説します。

2016-06-30-183212

行動を設定すると、上画像のようにその行動をした未来を見ることが出来ます(ただし、確定では無い)

ここでは、右の敵に対して攻撃の設定をしていたので、「右の敵を倒し、左の敵に殴られる」未来が見えています。

このままだとダメージを受けてしまうので、『連続行動』から次の行動(左の敵を攻撃)を設定します。

2016-06-30-183328

これで、ダメージを受けずに2人の敵を倒す未来が見えました。

ただし、1度目の攻撃と2度目の攻撃の間には少しの間があるため(ウェイトはスキルによって異なる)、仮に左の敵の行動速度がもっと早ければ『連続行動』しても割り込むことが出来なくなります。

行動のタイミングは十字キーで調整可能なので、意図的に攻撃を遅らせることも出来ます(敵の攻撃に合わせてカウンター狙いなど)。

そんなこんなで敵を撃破。

2016-06-30-183704

銃で撃っても死なない。優しい世界。

2016-06-30-183903

アリアに話を聞いてみると、

・アリアとμは自我が芽生えたバーチャルアイドル(要はネット上のボカロ?)

・アリアとμは人間の悩みを解消するためにネット上に世界(メビウス)を作った

・μが暴走して人間の心を閉じ込めた

といった感じの説明が。

細かいところは解釈が間違っているかもしれませんが、大体こんな感じだと思います。

取り敢えず佐竹の仲間と合流しよう・・という流れになったところで、今回のプレイ雑記はここまで。

初回ということでほぼストーリーを追うだけの内容になってしまいましたが、次回はシステム面やゲームの不満点などにも触れていきたいと思っています。

2016-06-30-184337

関連記事:

Caligula -カリギュラ- プレイ雑記2 初探索の感想
少し日が空いてしまいましたが、PSVita用ゲーム『Caligula -カリギュラ-』のプレイ感想を書いていきます。 ちなみに...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする