ドルフロ引退しました

『ドールズフロントライン』を引退しました。

と言っても、プレイ期間は2週間ほどなので「引退」は大袈裟かもしれません(^_^;)

スポンサーリンク

ドルフロの不満点

引退したから好き勝手言ってます。

ドルフロが好きな人は見ない方が良いです(^_^;)

周回が面倒くさい

レベル50くらいになるとなかなかレベルが上がらなくなります。

思っていたほどオート放置ゲーじゃなかったこともあり、ひたすら周回してレベル上げするのはハッキリ言って苦痛です。

イベントが面倒くさい

イベント「夏のきらめき」。

毎日同じステージを繰り返しプレイする必要があるクソイベです。

イベント期間は約20日。いくら1日20~30分程度で終わるとはいえ、そんな長期間に渡って拘束され続けるのはキツイです(何より面白くないので)。せめて休日にまとめて進められるようにしてくれないと・・・

また、リリース直後にこういうイベントを持ってこられると、「ストーリーの先が見たい」「あのキャラを育ててみたい」など色々とあった筈のやりたい事を進められず、モチベーションが段々と失われてしまいます。

バッテリーのクソ仕様

・特定時間帯しか入手できない

・早い者勝ち(戦友)

キャラの魅力が薄い

・名前が判りにくく、愛着が湧きづらい

・テキストもボイスも少ない。一部のテキストは翻訳に違和感がある

・キャラによってイラストのレベルが大きく異なる

結局のところ「可愛い女の子を育てる」ことが最大の楽しみなのに、キャラクターに魅力を感じられません。

イラストの可愛い女の子はたくさん居るけど、そんなゲームはごまんとありますし。

オタク受けしそうな見た目と性格、ボイスは備えていても中身が無いのです。

ドルフロの良いところ

最後にドルフロの良いところも書いておきます。

それは「課金ゲーではない」ことです。

世にクソガチャゲーが蔓延る中、課金が強さに直結しないゲームはそれだけで素晴らしいと思います(まぁ効率には直結するけど)。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする