ONE PIECE BURNING BLOOD(ワンピース バーニングブラッド) の評判

PS4/PSVita用ソフト『ONE PIECE BURNING BLOOD(ワンピース バーニングブラッド)』のネット上での評判を調べてみました。

購入を迷っている方は、判断材料の1つとしてご覧下さい。

(注意事項)
・発売したばかりのゲームですので、ネットでの評価もそれに即した内容となります
・評価の真偽は不明です

スポンサーリンク

評判まとめ

・最初は各モードが解放されていない

ストーリーモード(頂上戦争モード)がチュートリアルを兼ねていて、これを進めると他のモードが解放される仕組みになっているようです。

そんなに時間はかからないと思いますが、最初から対戦で遊びたい人はそれなりに居そうですし、対戦モードくらいは最初から遊べても良かったかもしれません。

・使用できるキャラが多く、それぞれ個性がある

使用可能キャラは判明しているだけで40人以上。かつ差別化も図れているとのことです。

PS4のシリーズ一作目と考えると、結構頑張ってる印象を受けますね。

ただ、これはあくまで個人的に思ったことなのですが、個性とはいえサンジが女性を攻撃出来ないのはゲームとしてどうなんだろう?オンラインじゃ使えないじゃん・・。

また、キャラの差別化が出来ている・・となると、バランス面は大丈夫なのか気になるところです(まだ発売直後なので確たる意見はありませんでした)。

その他、関連した意見として「キャラごとの技が少ない」というものがありました。

私も配信プレイ動画を見ていて、ちょっと技のバリエーションが少ないように感じましたね。

・頂上戦争モードの難易度が高い

「COMが結構強い」「一部の敵の攻撃力が高すぎる」

などの意見がありました。中にはクリアを諦めてしまっている人も・・・。

問題なくクリア出来ている人も居るのでプレイヤーの力量次第なのでしょうが、難易度設定くらい付けて欲しかった気がしますね。

・操作が難しい

本作は「格ゲー要素の強い対戦アクション」といった感じのゲームになっています。

そのため、やはり敷居はそれなりに高いようですね。

ガード、ガードブレイク(2種類)、ステップなどのテクニックを駆使しないと勝つのは難しい、という意見が複数見られました。

逆に言えば、力量さえ追いつけば熱い読み合いのバトルが楽しめる可能性があるわけで、必ずしも悪いことばかりではないとも思います。

・キャラの掛け合いが豊富

私も動画で確認しましたが、「え、このキャラ同士でも用意してるのか」と驚きました。

ルフィ、エース、サボのパーティだと専用の演出になったり、芸も細かいです。

対戦開始前の掛け合いだけでなく、キャラクター交代時などにも専用の台詞が多数用意されている、とのこと。

こういうのってキャラゲーでは大事ですからね。良いと思います。

・グラフィック

「Vita版の画質が粗い」という意見がいくつか見られました。

画質以外の点(ロード時間など)では特に批判はありませんでしたので、画質に拘らないのであればVita版でも問題ないかもしれません。

全体としては、今のところ「色々気になる点はあるが、シリーズ一作目としては及第点」くらいの評価になっているようでした。

以上、購入の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする