【地球防衛軍5】感想④ EDFに新たなトラウマ!カエル人間がグロくてキモイ…

EDF!EDF!

地球防衛軍5のプレイ日記、第4回目となります。

前回は、民間人だった主人公がついにEDF隊員になり、5か月もの間倒せなかったテレポーションシップを撃破したところまででした。

ついにEDFの反撃開始となるか・・・!?

「地球防衛軍5」関連記事一覧

スポンサーリンク

バイク試乗

前回の最後に手に入れたバイク(フリージャー1)。

正直に言いますが、地球防衛軍のバイクって操作が難しくて、シリーズ通してまともに動かせた記憶が無いんですよ( ̄∇ ̄;)

そもそも今回はダッシュがあるし、別にバイクとか要らないかなーって。

でも、まぁ、一応、乗ってみます・・・

あ、やっぱり加速凄い…!

シリーズ初!二足歩行の異星人襲来

ステージ15まで来ました。

デカすぎる(((゚Д゚|||))

まぁ、流石にまだコレを倒せとは言われないでしょうが・・・

おっ、何か降りてきた(´・ω・`)

中に兵士っぽいのが居る?

え、なに

なにこいつら


KA☆E☆RU

ついにカエルきたー!( ̄O ̄;)

思ってたよりすっごくキモイ!

兵士「人間そっくりだぞ!」
EDF本部「まるで人間じゃないか・・・」

え?( ゚д゚)

お前ら目が2つで口があって2足歩行なら人間だと思うのかよ!?

じゃあ猿も人間じゃないか!冷静になれ!

兵士「俺は人間は撃ったことがない・・・こんなの無理だぁ!」

ええ・・・

どういうメンタルしてるんだよ(;´Д`)




カエル人間の気持ち悪いところ

・フォルム(外見)
・紫色の血がドパドパ出る
・手足が簡単にもげる
・ピッコロさんばりの再生能力
・しぶとさ(驚異的生命力)
・声(何か喋っている)

以上、気持ち悪いと思う点を挙げてみました。

しかしこのカエルさんたち、単に気持ち悪いだけの存在ではなく、攻撃がとても苛烈で強敵なのです

まず、武器を持っているので遠距離からバカスカ撃ってきます。

さらにはダメージを受けるとビルの陰に隠れるなどの知能の高さも厄介です。

手足を狙うことで一時的に攻撃力や機動力を削ぐことが出来ますが、腕が失われている間は逃げに徹し、脚がもげて倒れても攻撃の手は緩めない・・・ゾッとするようなしぶとさがあるので油断は出来ません。
(すぐに再生するし)

気持ち悪いのは嫌ですけど、部位破壊要素は戦いにアクセントが生まれて楽しいですね。

自然とヘッドショットを狙ってしまう・・・はっ!?Σ( ̄O ̄;)

これは、私もヤツラを人間的生命体だと無意識のうちに判断しているということなのか・・・ソ、ソンナハズハ

妙に優秀なモブ

誰だか知らないけど死にそう(´・ω・`)フラグ立てすぎ

しかしこの男、敵の弱点を見抜いて対抗策を立案するなど分析力とリーダーシップに秀でたかなり優秀な兵士なのです。

真ん中の男性がその人です

まぁそれが既にフラグな気もしますが(´・ω・`)

しかし、なんだ・・・

妙にこう・・・ね?(パンッ!

不味いな・・・好奇心で撃ってみたら死にそうじゃないか(´・ω・`)←サイコパス

超優秀な将来のヒーロー候補である私より目立つからそうなるんだよ・・・

(このあと罰が当たったのか一度ゲームオーバーになりました)

しかし、さっきも言いましたがカエルの生命力が半端ない

うまく言えませんけど、本当に気持ちの悪いしぶとさなんですよ。

なんというか、兵士たちがヤツラを「人間」と評したのも判らなくもないなー、と思えてきました。

蟻や蜘蛛とはなにか違う気持ち悪さ。

【地球防衛軍5】感想⑤ 負け続きのEDF。活路はあるのか!?
EDF!EDF! 地球防衛軍5のプレイ日記、第5回目となります。 前回はカエル兵士が登場したところでしたね。 ...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする