【地球防衛軍5】感想⑥ 退却すると武器、アーマーは手に入らない!!!

EDF!EDF!

地球防衛軍5のプレイ日記、第6回目となります。

怪物の巣穴を攻略できず、怪獣エルギヌスは倒せず、地球に作られたエイリアンの前哨基地からも敢え無く撤退・・・EDF負けっぱなし!

…というのが前回でした。

果たして、今回はEDFの反撃開始となるでしょうか(・_・)

「地球防衛軍5」関連記事一覧

スポンサーリンク

逃げ出した兵士に与えられた罰

ステージを開始したものの、早々に武器がステージに合ってないと気付く・・・

EDFあるあるですね(^ω^)

・・・ステージ23でやってしまいました(-_-;)

この画像は後からスクショしたものなので、ちゃんと射程の長い武器を持ってます

射程の長い武器を持っていかなかったので塔(蜘蛛が無限増殖する)を壊すのがダルいダルい・・・

今回は武器稼ぎと割り切って蜘蛛を倒しまくるとします(`・ω・´)!

その後、20分くらい延々蜘蛛を倒し続けてから撤退

・・・

・・・

え、撤退すると武器(アーマー)は手に入らないの!!???

(あまりにショックでスクショ忘れました)

敗北した時は手に入ったのに!!なんで!!?\(^o^)/

↑非常に悔しいので、もう1度武器を稼ぎまくってからわざと死にました。

やはり、敵に倒されての撤退なら(数は減りますが)武器もアーマーも手に入りますね。

自ら撤退を選択するような兵士は許されないということなのでしょう(´;ω;`)

さて、今回手に入った武器ですが、

T1ストーク。高威力かつバランスの良い性能ですね。

なかなか強力なアサルトライフルを手に入れてしまったぞ(*´Д`*)

さらにもう1つ。

多重ロックオン装置(補助装備)。

ミサイルランチャーの使いづらさが大きく解消されそうな補助装備ですね。

強力なミサイルランチャーが手に入ったら試してみようっと(・∀・ )!

カエル多重ロックオン

ステージ26。

砲撃仕様のカエル兵が登場し、バカスカ好き放題に撃ちまくってきます。

攻撃力高いし、砲撃は直撃しなくても爆発に巻き込まれるのがキツイ!

一応「カエルの砲撃ヤバい。一か八か歩兵で接近して倒すしかない」というのが司令部の作戦内容なのですが、ぶっちゃけ近付いた方が100倍危険です(^_^;)

遠距離から倒す方が安全で楽。

手に入れたばかりの「多重ロックオン装置」とミサイルランチャーのコンビを早速使ってみましたが、これはなかなか良いですね!

安全な位置から攻撃出来るし、私の現状の装備ではロケランやスナイパーライフルよりダメージを稼げます。

蟻や飛行円盤といった邪魔者が居るステージではまた別でしょうけどね(´・ω・`)

ブルージャケット 散る

ステージ27

接近戦の次は遠距離戦ですか(接近戦したとは言ってない)。

そういうステージを用意するならまともなスナイパーライフルをくださいよ・・・

ちなみに怪物駆除チームの名は「ブルージャケット」

狙撃部隊のようですが、かなり自信に満ちた発言をしているのでエリートチームなのかもしれません。

むっ、確かにブルージャケット!

そもそも地球防衛軍というゲームの性質上、近付かれる前に全て倒すなんて土台無理なわけで・・・狙撃部隊という時点で死亡フラグがビンビンなんだよなぁ(´;ω;`)

怪物が近づいてきて焦り始めたブルージャケット隊員は、

「乱戦になったら最期だ!近付かれる前に止めろ!」

と叫びますが・・・

あ、あ、あ

うわああああああああああ

これはもう駄目ですね(´;ω;`)

マップ見るとまだまだ生き残りが居ますけど、このあと無事全滅しましたよ・・・

ステージ終了間際の通信「生存者を確認・・・またあなたですか

おい、どういう意味だよ(#゚Д゚)ゴラァ!

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

フォローする