『地球防衛軍6』発表!シリーズ最大の絶望的状況から始まるEDF!

人気3Dアクションゲーム「地球防衛軍」シリーズの最新作『地球防衛軍6』が発表されました。(公式サイト

発売時期は2021年。

ハードは未定となっていますが、今週のファミ通にPS4と記載されているらしいです。

今のところ訂正のお知らせは無いのでこれは確定っぽいですね。

スポンサーリンク

地球防衛軍6のストーリーがヤバイ!

勝利から3年、瀕死の地球

2024年、前々年より続く未知の侵略者との戦いに人類は勝利した。プライマーは去り、地球に静寂が戻った。しかし、人口は1割まで減少。文明は崩壊の危機に直面していた。生き残った人々は、懸命に復興の努力を続ける……。

それから3年の月日が流れた2027年。人々は大きな壁に直面していた。

プライマーは、使役していたとされる多くのエイリアン(コロニスト)を地球に置き去りにした。彼らは生き延びるために集団を作って街を占拠。地球に住みついたのである。

人類とエイリアンは頻繁に衝突。小競り合いが繰り返され、そのたび、双方に被害を出していた。地球に住むふたつの種族は、互いに疲弊していくばかりであった……。

そして、残された脅威

さらに深刻な問題があった。それは、侵略生物が地球で繁殖を続けていることだった。

地底や廃墟に巣を作り、増え続ける侵略生物。その数はすでに人類を圧倒しつつある。侵略生物が地球の支配者とならぬよう、人類は戦い続けねばならなかった。

社会の再構築、文明復興は遅々として進まず、その日を生きるだけで精いっぱいの日々。人類は残された脅威と戦い続けていた……。

引用元:https://blog.ja.playstation.com/
2020/06/23/20200623-edf6

ストーリーは前作「地球防衛軍5」の続き。

もう守るべき人類も文明も殆ど残っていないという絶望的すぎる状況です。

人口1割まで減っているのに既に地球にはエイリアンや侵略生物が跋扈している…、ってそんなのもうどうにもならないでしょ(´;ω;`)

毎回似たような展開になりがちなシリーズですが、今回はどんな展開になるのか非常に楽しみです。

PS5版も出る?

どうなんでしょうね(´・ω・`)

個人的には公式で発売ハードが未定となっているのはPS5とのマルチだから…という線で予想していますが。

グラフィックは今のままで十分だとしても、敵の物量・処理落ち・ロード時間などの面でPS5の恩恵がありそうなゲームなだけに期待してしまいます。

PS5で動作させるとパフォーマンスが良くなる、とかでも良いですけどね。

最適化していないPS4ゲームをPS5で動かしたらロードが短くなった…なんて話も聞きますし。

前作をプレイしておこう!

今作のストーリーは前作からの続きなので、やはり先に「地球防衛軍5」をプレイしておきたいところです。

現在、PSストアでは7/7までシーズンパス込みのデジタルプレミアムエディションが40%OFF(PS+会員なら62%OFF)、STEAMでは7/10まで通常版が2,990円となるセールが行われています。

未プレイの方はセール中に買っておいた方がいいかもしれませんね(`・ω・´)

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

フォローする