Switch版『ジージェネレーション ジェネシス』はPS4版とココが違う!

PS4/PSVitaで発売されたGジェネレーションシリーズ最新作がニンテンドースイッチ版になって登場です。

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』

(発売日:2018年4月26日)

この記事では、PS4/PSVita版とは異なるスイッチ版の特徴についてまとめています。

ちなみに本作はニンテンドースイッチ初のガンダムゲーでもあるようです(・∀・ )

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチ版PV

シミュレーションゲームなので、寝っ転がりながら気軽にプレイ出来るのは大きな利点ですよね(*´Д`*)

1.DLC全部入り

PS版で配信された無料/有料ダウンロードコンテンツが全て同梱されています。

・追加タイトルパック:

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

・追加ユニットパック:

機動戦士ガンダム THE ORIGIN
ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~
機動戦士ガンダム サンダーボルト
SDガンダム GGENERATION オリジナル
機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還
機動戦士ガンダム C.D.A 若き彗星の肖像

・追加機体:

フェニックス・ゼロワン
ガンダム・バルバトスルプス
シスクード
ホットスクランブルガンダム

・追加キャラクター:

ユーコ・オルテンシア

・スペシャルステージ:

ハロハロ!サイコ・ハロ捜索大作戦!
ハロハロ!敵包囲網突貫大作戦!
ハロハロ!ターゲット破壊争奪大作戦!
ハロハロ!キャピタルキャッチドリーム!
ハロハロ!レベルアップトライアル!

追加タイトルパックはユニットやキャラクターだけでなくシナリオも含まれたDLCです。

PS版では、追加タイトルパックが800円(ただし予約特典で無料)、ユニットパックのORIGINが100円(ただし予約特典で無料)、ADVANCEが200円、サンダーボルトが100円、他は全て無料でした。

つまりスイッチ版は1,200円分お得!

何よりいちいちダウンロードしなくて良いのが助かりますね(^ω^)

2.豪華早期購入特典が付く

早期購入特典として、スーパーファミコンで発売された「スーパーガチャポンワールド SDガンダムX」のダウンロード番号が手に入ります!

ダウンロード版の場合は2018年5月22日まで付属。

パッケージの場合は不明(おそらく初回盤のみ)なので、きっちり予約するのが賢明だと思います。

私は未プレイなのでちょいとググってみましたが、概ね「良ゲー」という評価でした。

参戦作品はファースト、Z、ZZ、逆襲のシャア、F91、ポケ戦。

シミュレーションゲームですが、戦闘にアクション要素があるのが特徴的ですね。

結構面白そう(・∀・ )

3.価格が安い

価格は6,800円(税抜き)。ダウンロード版も同価格です。

PS4版が8,200円、PSVita版が7,600円だったので、スイッチ版はなかなかにお得だと言えるでしょう。

まぁ、PS版の発売から1年以上経ってるので当たり前と言えばそれまでですが、1,200円分のDLCが込みであることも踏まえればやっぱりお得なんじゃないかと(^。^)

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

フォローする