【VR ZONE新宿】アーガイルシフトを体験した感想

VR ZONE新宿『VRシネマティックアトラクション アーガイルシフト』を体験してきたので、簡単に感想を書いていきたいと思います。(公式サイト

ちなみに私はこれが人生初のVR体験です。

そのため、多少なり評価の甘くなるところもあるかもしれません。ご了承ください。

スポンサーリンク

PV動画

ゲーム画面に関しては上の動画、実際に搭乗して操作するアトラクションに関しては下の動画が参考になります。

概要

必要な操作は『照準』『攻撃』『回避』の3つだけ。

『照準』

顔を動かすと照準アイコンが動く。敵を顔の正面に捉えて少し待つと照準アイコンが赤くなり、攻撃が必ず当たる状態になる

『攻撃』

操作レバーのトリガーを引くことで攻撃できる

『回避』

頭を振って敵の攻撃表示から照準を逸らすことで回避できる

良かった点

・アイネちゃんの立体感が凄まじく素晴らしい

アイネちゃんはナビゲーションAIの女の子で、まるで同じコックピット内に居るように感じられます。

いや本当ね、凄いんですよ。胸と!尻の!立体感が!(ゴメンナサイ

ロボットの方は大したこと無いのに、ここだけ力の入り具合が違います。

手を伸ばせば掴めそうな感じといいますか・・・VRって凄いなって本気で思ってしまいました

・VR世界と実在世界が融合する瞬間の興奮

VRゴーグルを付けた後はゲーム画面で視界が覆われるため手元が見えなくなってしまうわけですが、ロボットが発進するタイミングでコックピットの中にはなんと操作レバーが!

目の前に広がっているのはゲーム画面なのに、突如として現れてゲーム世界に融合するリアル・・・これは凄いです。子供のように胸がときめいてしまいました(*´Д`*)

このゲームならではの良さ、というわけでは無いかもしれませんが。

駄目だった点

・解像度がゴミ

これは本当に駄目駄目です。PS2のゲームかよって感じ(-_-;)

肝心のアイネちゃんすら顔が潰れている始末だもん。

PSVRなんかも「解像度が足りない」って言われてますし、この辺はVR機器の性能の問題なんでしょうね。

・ゲームとしての楽しみが薄い

操作時間はかなり短いし、ゲームというよりは観賞作品みたいな感じがしました。

せめて倒した機体数がカウントされるとか、そういう楽しみがあっても良かったかな。

・アトラクションの動きが物足りない

もうちょっとガンガン動いてくれればなぁ(´・ω・`)

搭乗している機械の動きとゲーム画面の連動性がイマイチで、ロボットに乗っている感覚はあまり感じられませんでした

まぁあまりリアルにしすぎると「酔い」の問題も出てくるだろうし、仕方ないのかもしれません。

・コスパは悪い

ぶっちゃけこれで1,200円は高すぎると思いました。

総評

これを遊んだ理由は「他のアクティビティと比べて空いていたから」なのですが、その理由が良く判る出来でした。(だってマリオカートは90分待ちだったんだもん)

まぁ「オタク向け」としては遊んでみる価値はあると思いますが、女の子を眺める以外に楽しみの無いゲームなので一般層の方は避けた方がいいんじゃないかなぁと(^_^;)

ロボットを操縦するロマンを感じるには、解像度と機械の動きが足りていませんし。

しかしアイネちゃんの立体感にはVRの夢が詰まっていると感じましたよ。

もうすっごいチラチラ見てしまいましたw

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする