【PSVR】無料DLソフトレビュー PSVRを買ったらまず体験してみよう!

PSストアで配信されている無料のPSVR専用ソフトを色々と体験してみたので、レビューを書いていきたいと思います。

「PSVRは買ったけどまだソフトは買ってない」なんて人は、取り敢えず無料ソフトでPSVRの世界を体験してみるのもいいかもしれませんよ(・∀・ )

スポンサーリンク

PSVR 無料ソフトレビュー

サイバーダンガンロンパVR 学級裁判

配信日:2016/10/13(PS+会員限定ソフト)

ゲーム性は薄く、ほぼ見てるだけ。

ストーリーはダンガンロンパ(1作目)の1シーンなので、プレイしたことが無いと話が理解できません。

というわけで、完全にファン向けのソフトですね。

プレイ時間は10分程度と短いですが、その分キャラクターの動きは凝っているし、想像以上にダイナミックに動いてくれるので見ているだけでも十分楽しめました。

ダンガンロンパファンなら是非。

ラストのおしおきシーンはド迫力

Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト

配信日:2017/12/6

エロい恰好をした女の子を眺めるだけのゲーム。

途中に選択肢があるので全ての内容を見るためには3周する必要があります。

1周5~10分程度とはいえ、ほぼ同じ内容を何回も見なければならないのはちょっとツライかも(^_^;)

登場キャラクターはマシュ、ダ・ヴィンチ(3Dモデル無し)、アルトリア(隠し)の3人。

マシュの3Dモデルはなかなか可愛く作られているし、何より露出度の高い衣装が良い(笑)

個人的にオススメのトレーニング(選択肢)は「平衡感覚強化」。

至近距離でバランスボールに乗ってくれるので、たゆんたゆんに揺れるアレがよく見えますよ。

(非常に不純な感想になってしまいましたが、ぶっちゃけこれはそういうゲームです)

THE PLAYROOM VR

配信日:2016/10/13

今回紹介している中では唯一の”遊べる”ゲームソフト。

6種類のミニゲームが収録されていますが、どうやらこれはパーティゲームのようでソロで遊べるのは「ロボットレスキュー」と「トイウォーズ」の2つだけでした

「ロボットレスキュー」は神ゲーと名高い「ASTRO BOT」の試作版的ゲームであり、ボリュームこそ少ないですがPSVRを手に入れたらまずプレイしてみて欲しいゲームです。

ロボットの可愛さに癒される

箱庭の中に入り込んでキャラクターをラジコンのように操作するゲーム・・・と説明するとあんまり面白そうに聞こえませんが、3Dアクションの楽しさとVRの新体験が見事に融合した感覚は衝撃的です。

無料なんだから取り敢えずプレイしてみてください(・∀・ )

ただ、ロボットを全て救出するには2人プレイ必須という仕様は酷すぎる。頭を悩ませた時間を返して欲しい(#^ω^)

「トイウォーズ」は向かってくる敵を砲台で迎え撃つゲームです。

とてもシンプルなゲームですが・・・面白いかどうかはよく分かりません。

というのも、リトライの度に長いデモを見せられる苦痛に耐えられず、すぐにゲームを止めてしまったのです(´・ω・`)なので個人的にはオススメしません

傷物語VR

配信日:2017/7/12

忍と一緒にアニメ傷物語の映像を観ながら話を振り返る、という内容。

まぁ極々一部のシーンしか流れないので、これで話を理解できるなんてことはありません。

忍の3Dモデルの出来があまり宜しくないのは残念。

映像の見せ方が凝っていて、単にアニメを眺めているだけに終わってないのは良かったです。化物語シリーズらしさを感じました。

まぁこれも見ているだけのソフトだし、内容的にもファン以外が見る必要はないでしょう。

超歌舞伎VR~花街詞合鏡~

配信日:2018/4/13

花魁になった初音ミクを眺めるだけ・・・と思いきや、視点だけでなく位置の移動も可能で、超接近したり後ろに回り込んで写真を撮ることが出来る。

これは他のソフトには無かった良さですね(^ω^)

ただ、ミクの3Dモデルはちょっとマネキンっぽくて個人的にはイマイチ。特に長い髪がカチンコチンなのはちょっと・・・

Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 – “光” & “誓い” – VR

配信日:2018/12/25

宇多田ヒカルのライブ映像が見れるソフト(実際に観客の居るライブ映像ではなく、ライブステージで撮影した映像)。

まだ「光」しか配信されていないのでそちらの感想ですが、複数の視点があるのにどれも正面からの映像なのがちょっとツマラナイと思いましたね。

ただ、かなりの近距離(手を伸ばせば届きそうなくらいの距離)で歌っている宇多田ヒカルが見れるのだから、それだけでファンには嬉しいはず。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

フォローする