サクセススペシャルを1ヶ月プレイした感想。パワプロ2018に合わせて始めよう!

本日発売となった『実況パワフルプロ野球2018』に備えて『実況パワフルプロ野球サクセススペシャル』を約1ヶ月前からプレイしていました。

この記事ではプレイしてみた感想ちょっとしたアドバイスなどを書いてみたので、パワプロ2018の購入に合わせてサクスぺを始めようと考えている人は参考にしてみて下さい。

木村が一番可愛い

スポンサーリンク

サクセススペシャルについて

大雑把に言えば、スマホで展開しているパワプロアプリのPS4/PSVita版です。

基本はアプリの後追いなのでアプリで配信されている最新のシナリオは遊べなかったりしますが、開催されるイベントはサクスぺ独自のものとなっています。

また、サクスぺがアプリ版に勝っている点として「操作性」「ビジュアル」が挙げられます。

サッカーボール持ってるのはパワサカコラボ期間に取ったスクショだからです(笑)

何より、タッチ操作のアプリ版と違って走塁や守備操作も可能で従来通りの試合が楽しめるのは大きいです(オプションで設定しなければ打撃と投球だけの操作になります)。

その他、「北雪高校が収録されていない」「覚醒システムがない」など細部に違いあり。

北雪はたしか田中マー君プロデュースのシナリオだったので、その辺りが収録出来ない要因なのかも?ダイヤのエースやMAJORとのコラボシナリオはちゃんと収録されてるんですけどね(´・ω・`)

こんな人はサクスぺをプレイするべき!

・実況パワフルプロ野球2018を購入予定の方

『パワフェス』モードではサクスぺのキャラクターも多数登場しているようなので、キャラクターを知っていればゲームをより楽しむことが出来るでしょう。

また、サクスぺで獲得したキャラクターの顔データをパワプロ2018で使用出来るようになるため、キャラクター作成の幅が広がります。

・久々にパワプロをやりたいけどお金はかけたくない方

良くも悪くも基本無料なのでお金を消費せずに楽しめます。

パワストーン(課金石)やSRチケットはそれなりに配ってくれますし、SR確定のガシャも多いのでオールA選手作成くらいなら余裕で到達出来ると思いますよ(自分が出来ているとは言っていない)。

これは比較的辛めのガチャ。ガチャによっては10連1回目からSR確定もザラ

今は2周年アニバーサリー&パワプロ2018発売ということで、ログインするだけで豪華なプレゼントが貰えますし、記念イベントをプレイすると大量のSRキャラが入手出来るチャンスがあります。

逆に「プレイをオススメ出来ない人」ですが、

・既にパワプロアプリをプレイ済みの方

私は初期に少しプレイしていただけなので問題ありませんでしたが、またキャラクターを集めるところからやり直すのはなかなかツライと思います。

引退していないなら猶更ですね(´・ω・`)




スタートダッシュガチャは廻すな!

ソシャゲではよく見かけるゲーム開始直後に引けるお得ガチャ「スタートダッシュガチャ」ですが、サクスぺにおいてはあまりお得ではありません。

理由を挙げると、

・恒常キャラしか引けない

有能なキャラは限定に多い…らしいので。

・10連でパワストーン250個は高い

もっとお得なSR確定限定ガチャもあるので、そっちを待った方が良いです。

・SRキャラの入手速度に育成が追いつかない

今まさに私がこの状況です。

別にガチャ運が良かったわけでもないのですが(というか、ほぼ確定枠からしか手に入っていない)、SRキャラが何人もレベル1のまま放置されています(-_-;)

育成アイテムがあまり手に入らないのに、SRキャラは例え無課金ユーザーでもそれなりの枚数が手に入ってしまいます。

なので、わざわざお得ではないガチャを引く必要はないと思います。

こんな所ですね(・∀・ )

サクセススペシャルの不満点

・全国ランキングの報酬枠が少なすぎる

それなりに熱心なアクティブ(週間のポイント報酬を全部受け取っているレベル)が2~3万人居るにも関わらず、報酬のSRキャラは(大体)1000位までという鬼畜ぶり。

・おまかせオーダーが使いにくい

もう少し細かく設定させて欲しい(例えば、絶不調のキャラは2軍にするとか)。

・各高校シナリオの期間限定パワーアップ

効率が段違いすぎて、パワーアップ期間以外にプレイするのが馬鹿らしくなります。

・ガチャの価格が高すぎる

まぁサクスぺに限った話じゃないですけど、狂った価格設定だと思います。

ガチャ20連でパワプロ2018が買えてしまうと考えると、その狂いっぷりが良く判りますね(´・ω・`)

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする