Newガンダムブレイカーβ版(体験版)感想① ギャルゲのテンプレみたいなシナリオ

『Newガンダムブレイカー』(PS4/PC)のβ版(要は体験版)をプレイしてみたので、早速感想&レビューを書いていきたいと思います。

ちなみに私はシリーズ未経験の新参者です。正確には初代の体験版だけ遊んでますが

β版ではシングルプレイ(2ミッション)とマルチプレイ(1ミッション)が遊べますが、今回はシングルプレイだけ遊んでいます。

ちなみに「セーブデータは製品版に引き継げない」とのことです。

スポンサーリンク

ギャルゲーのテンプレみたいなシナリオ

まずは主人公の名前を入力。

取り敢えず初期ネームのままにしてみましたが、ボイス付きで呼んでもらえるわけではないので好きな名前にしちゃって問題なし。

「ガンプラが世界中で大人気で影響力が半端ない」みたいな世界観。ガンプラに強い奴はエライ的な?

転校初日に校門で幼馴染(年上)と再会する主人公。

ギャルゲー主人公の鏡ですね(^ω^)

テンプレ展開はこのシーンに限ったことではなく、(少なくとも体験版で遊べる範囲の話は)昔からあるギャルゲや少年漫画のテンプレートをなぞったようなシナリオになっています。

私的には期待通りというか、安心感があって嫌いじゃないんですけど、たぶんアッと驚くような展開は期待出来ないんじゃないかなぁとも思います。

ヒロインもみんなガンダム好きのようで、ちょいちょいガンダムネタを挟んできますw

・・・寒いと感じるかは人それぞれでしょう(´・ω・`)

チュートリアルは不十分

自己紹介もそこそこにガンプラバトルの実力をクラスメートに披露することになった主人公。

クールタイプの委員長さんがパートナーになってくれるようです。

ふむ…ゲームを進めていけば好きなヒロインを2人まで連れて戦えるようになりそうかな。一緒に戦ったら好感度が上がったりするのかも?

最初にチュートリアルがありますが、基本操作しか教えてくれないので結構戸惑ってしまいました(´;ω;`)

新規プレイヤーのことも考えて、もう少し丁寧に教えて欲しかったかな…

バトル中に手に入れたパーツに即チェンジ出来るのは見た目的には面白い。

ただ、「自分で考えた最高のガンプラで戦うのが醍醐味のゲームなんじゃないの?」と疑問に思わなくもないですね。少なくとも私は嬉しいとは思わないので。

クールタイプ・・・?

アクションゲームとしては大味

チュートリアルに続いて初バトル開始。

グラフィックはなかなか頑張ってると思います。

何より現実感のあるフィールドが良いですね(^。^)

リアルな世界に小さなガンダムが迷い込んだような・・・椅子やテーブルにもちゃんと乗れる立体感が素晴らしい。

デカいボスも迫力があって良い・・・んだけど、近付くとカメラアングルが酷くなってまともに遊べません(´・ω・`)

操作感はまずまず。バトル前後に10秒程度のロードあり。

敵がウジャウジャ湧いてきて何が何やら判りません(´;ω;`)

初バトルから「情報量多すぎ」「情報が細かくて見づらい」、さらに「説明不足」もあって混乱してしまいましたよ。

とにかくゴチャゴチャしてて状況が判りにくい!

うーん、、、アクションゲームとしてはかなり大味な気がしますね(´・ω・`)

敵を1体1体狙い撃ったり、敵の攻撃を上手く回避する必要があるような”キッチリしたアクションゲーム”とは異なる印象です。

上手く言えませんが、「被弾上等のワチャワチャ乱戦ゲー」という感じでしょうか。

結構ボコボコに殴られたのに平気でしたし、そういう調整なんだと思います。

まぁそれは別にいいとしても、爽快感の無さは致命的ですね。サーベルもライフルも敵に当たった感覚が弱すぎます。

バトルに関してはもっと色々と言いたいことがあるのですが・・・長くなったので詳細は次回とします。

(結構厳しい意見になる予定なので、既に予約済みの方は見ない方がいいかもしれません)

次の記事:

『Newガンダムブレイカー』(PS4/PC)体験版の感想&レビューの続きです。 前回記事: ファンネル始めま...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

フォローする