【シャニマス】Bad調整廃止でゲーム性は激変する?

『アイドルマスター シャイニーカラーズ』の記事です。

本日告知されたアップデートの内容がなかなかに衝撃的で、シャイニーカラーズのゲーム性およびゲームバランスを大きく変えるかもしれない内容でした。

簡単にまとめつつ、私の考えを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

不具合修正およびパラメータ調整のお知らせ

不具合多いですね(^_^;)

結構ヘビーな不具合も多くて「ここの開発大丈夫か?」と心配してしまいますが、

今回注目したいのは

・ライブにおいて、プレイヤーが決定したアピールメーターの状態(GoodやPerfect)によってライバルのアピール力も変化していたところを、ライバル自身の判定でアピールメーターの状態が決まるように調整します。また、上記調整に伴いフェスやオーディションのバランスを調整します

という調整内容。

詰まる所、Bad調整が出来なくなるわけです。

Bad調整ってなに?

上記調整内容にも書かれているように、

「プレイヤーが決定したアピールメーターの状態(GoodやPerfect)によってライバルのアピール力も変化していた」ため、プレイヤーがBadを出せば自分だけでなくライバルのアピールも失敗して低いアピール値になってしまうという現象が起こっていました。

この仕様を利用して

・ラストアピールのタイミング調整

を図ることが「Bad調整」と呼ばれるテクニックです。

他にも

・ライバルをリタイアに追い込む(メンタル耐久戦法)
・アピール値が無いスキル(バフスキルなど)の使用

といった目的で使用されます(これをBad調整と呼ぶかは微妙ですが…)。

Bad調整はハッキリ言って「不自然な仕様」なので、私は当初これをバグだと思っていました。

だからBad調整しているプレイヤーに対しては「バグに頼ってW.I.N.G.優勝して何の意味があるの?」と、冷ややかな視線を向けていた覚えがあります( ̄ω ̄;)ゴメンネ

まぁ、勝てなかったから速攻手のひらクルクルしたんですけどね!

実際に使ってみるとただぶん殴るだけよりずっと戦略性が生まれて、「あれ?これもしかしてバグじゃないのか?」と思うようになりました。

ネットでもよく「Badって呼び方を変えて欲しい」という意見を見かけましたが、これにも同意していましたね・・・

でも、結局バグだったってことなの?

(厳密には不具合として報告されているわけではないですが、ここまで大胆に仕様を変えてくる理由もよく判りませんし・・・)

運ゲーが加速しそうな予感

Bad調整が無くなってしまうとラストアピールを取るのが難しくなるでしょうし、戦略性が失われて真っ向からぶん殴るだけのゲームになってしまうのではないかと心配しています。

今回の調整に伴ってバランス調整をすると書かれているので、結局はそれ次第なのかもしれませんが・・・

うーん、不安だ(´・ω・`)

現状の仕様でTRUE達成が出来ている方は回収を急いだほうが良いかもしれませんね(私は無理ですがw)。

「思い出アピール(R・SR)の上方修正」と「sSSR三峰の上方修正」はナイス!

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする