『Gジェネ クロスレイズ』発表。宇宙世紀なし、クロスオーバーなし

 

ガンダムの人気ゲームシリーズ「Gジェネ」の最新作『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』が発表されました!

以下、最新情報をまとめています。

 

関連記事:

【Gジェネ クロスレイズ】ガンダムX、∀、AGEがDLCで参戦決定!他作品の追加にも期待できそう
2019年11月28日(木)発売予定のガンダムシミュレーションゲーム『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』のDLCに関する情報が発表されました。 なんと「機動新世紀ガンダムX」「∀(ターンエー)ガンダム」「機動戦
【Gジェネ クロスレイズ】発売日決定!「遊撃グループ」導入でゲーム性はどう変わる?
Gジェネシリーズ最新作『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』の発売日が2019年11月28日(木)に決定! 新PVが公開され、早期購入特典やプレミアムGサウンドエディションの存在が明らかになりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『Gジェネ クロスレイズ』第1弾PV

発売日:2019年発売予定

プラットフォーム:PlayStation4/STEAM/Nintendo Switch

 

さよならVita(´・ω・`)

 

参戦作品一覧

参戦するのは『W』『SEED』『00』『鉄血のオルフェンズ』の4作品!

ただし、各シリーズの派生作品まで収録されているのでボリュームは十分と言えるでしょう(収録機体数は前作「ジェネシス」を超えている模様)。

 

個人的には『X』とか『AGE』も入れて欲しかったけど(AGEはアニメ見てないのでストーリーを知る目的で)、まぁ前作からの使い回し無しと考えれば仕方がないと納得は出来ます。

4つに絞るなら妥当なチョイスだと思いますしね(´・ω・`)

『W』『SEED』『00』はガンダム全体でも特に人気のある作品ですし、主役級のガンダムが多いから使い易いってのもあるでしょう。

鉄血はよく知りませんが(オルガは知ってるw)、あれもガンダムが複数出てた筈。何より最近の作品ですから、若者への訴求を考えれば当然の参戦と言えますね。

なるほど、そう考えると今回は若者向けのGジェネなのかも。

・・・な~んて一瞬思ってしまいましたが、よくよく考えてみるとSEEDは約16年前、00ですら約10年前の作品なんですよねー( ̄∇ ̄;)

時が経つのは早いなぁ(遠い目

 

宇宙世紀作品からの参戦無し!

これはなかなか思い切ったことをしましたよね( ̄O ̄;)

これまで「宇宙世紀のみ」のGジェネはありましたが、「宇宙世紀なし」は無かったと思います。

PS2で発売された『GジェネSEED』にすら入っていたのに・・・

個人的には文句ありませんが、これが売り上げにどう響くのか気になるところです。

 

クロスオーバーは無し!原作追体験型のGジェネ

「クロスレイズ」というタイトルや「4つの新世界が交錯する」というキャッチコピーからクロスオーバーシナリオを期待しましたが、今回のGジェネは原作追体験型になるようです(ファミ通の記事より確定)。

個人的にはクロスオーバー系の方が好きなんですけどねー(^_^;)

まぁ鉄血のアニメは見てないし、これでシナリオを知るのもアリかもしれません。

 

前作「ジェネシス」の不満点は解消されている

前作の不満点だった

・戦闘演出が格好良くない

・回避モーションが無い

・キャラクターのカットインが少ない

といった点は軒並み改善されているとのこと(これもファミ通の記事より)。

ちゃんとユーザーの声を取り入れて作っているなら期待が持てそうですね(^ω^)

 

開発は70%くらい終わっているらしいので、発売は夏ごろになるのかな?

楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲームニュース
スポンサーリンク
オススメ記事
スポンサーリンク
おすすめ記事
Hatipanをフォローする
ゲーム×ファーストインプレッション
タイトルとURLをコピーしました