【PSVR2】最強スペック公開。4K!アイトラッキング!でも有線…

こんにちは、PSVRは引っ越しの際に売ってしまった管理人です(´・ω・`)3000円でした

開発が進められているPS5向けVR機器の正式名称が『PlayStation VR2』に決定!(専用コントローラーの名称も『PlayStation VR2 Senseコントローラー』に決定)

PSVR2

併せてPSVR2の主な仕様が公開されています。

PSVR2の最強スペックをチェックしていきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PlayStation VR2 主な仕様

ディスプレイ方式有機EL
パネル解像度左右の目それぞれに2000×2040の映像を表示
パネルリフレッシュレート90Hz、120Hz
レンズ間距離調整可能
視野角約110度
センサーモーションセンサー: 6軸検出システム
(3軸ジャイロ・3軸加速度)
装着センサー: IR近接センサー
カメラトラッキングカメラ×4
(VRヘッドセット、VRコントローラートラッキング用)
IRカメラ×2
(視線トラッキング用)
フィードバックヘッドセットの振動
PS5との通信USB Type-C®
オーディオ入力: 内蔵マイク
出力: ステレオヘッドホン端子

 

PlayStation VR2 Senseコントローラーの主な仕様

ボタン[右]
PSボタン、オプションボタン、アクションボタン(○ボタン/×ボタン)、R1ボタン、R2ボタン、右スティック/R3ボタン
[左]
PSボタン、クリエイトボタン、アクションボタン(△ボタン/☐ボタン)、L1ボタン、L2ボタン、左スティック/L3ボタン
センシング/トラッキングモーションセンサー: 6軸検出システム
(3軸ジャイロ・3軸加速度)
静電容量式センサー: 指検知
IR LED: ポジショントラッキング
フィードバックトリガーエフェクト(R2/L2ボタン)、ハプティックフィードバック(各コントローラーにつき1つのアクチュエーターを搭載)
端子USB Type-C®端子
通信Bluetooth® Ver5.1
電池種類: 内蔵型リチウムイオン充電池

 

PSVR2の進化ポイント

4K HDRディスプレイ

解像度の低さはPSVRの大きな不満だったので(発売当時は悪くなかったのかもしれんけど)、4Kになるのは素直に嬉しい。

フォービエイテッド・レンダリング(プレイヤーの中心視野ほど高解像度に、そして視野の外側にいくに従い低解像度で描画する手法)により高品質な映像体験が可能らしいです(・∀・ )

110度の視野角

PSVR(約100度)でも特に不満を感じたことはありませんが、広くなるのは良い事ですね。

外部カメラ不要

PSVRでは「PlayStation Camera」によってPSVR本体やコントローラーの位置を判定(トラッキング)していましたが、PSVR2では本体に搭載されたカメラを通じてプレイヤーとコントローラーをトラッキングするとのこと。

カメラを設置する必要が無くなるのは大きな利点ですよね(^ω^)

アイトラッキング(視線トラッキング)

プレイヤーの目の動きを検知する機能。特定の方向を見ただけで、ゲームキャラクターを操作することも可能らしいです。

詳しくは判りませんが、この機能によってフォービエイテッド・レンダリングを実現している感じでしょうか?

PlayStation VR2 Senseコントローラー

PSVRはデュアルショックもしくはPSMoveモーションコントローラーで操作する形でしたが、PSVR2では専用コントローラーが用意されているためより直感的な操作、臨場感のある体験が可能となっています。

コントローラーの詳細は別記事を参照ください。

【PS5】PSVR2のコントローラーが凄い!直感的操作でVR体験の進化は確実!
PSVR2(仮称)ことPS5向け次世代VRシステムの話題です。 先日正式に発表されたばかりのPSVR2(仮称)ですが…PlayStationの公式ブログにて早くもVR用コントローラーの詳細が発表されています

PSVR2はPS5とケーブル1本で接続可能

PS4とPSVRの接続はかなりゴチャゴチャしていました。

・接続ケーブルが多すぎる
・プロセッサーユニットが必要

これ結構ウザいです。無駄に場所取るし。

USBケーブル1本で繋がるなら、使ってない時は片付けておくのもアリになりますね(・∀・ )

 

総括:有線は残念だけど、カメラ不要&ケーブル1本接続は嬉しい

スペック面は殆ど申し分ないですね。問題は「これいくらすんの?」ってことですが…

コントローラー付属なら余裕で5万超えるのでは?

まぁ価格は置いておくとして、PSVRを持っていた身からするとスペック以上に重要な点があります。それは「装着が面倒くさい」「セッティングが面倒くさい」という欠点が解消されているかどうかです。

PSVRの体験は素晴らしいものでしたが、結局は「邪魔」「面倒くさい」「疲れる」が勝って使わなくなっていったんですよ。やはり継続して使用するにはスペックだけでなく利便性が重要になると思います。

その点で言うと、現状分かっている改善点が以下の通り。

・外部カメラの設置が不要
・PS5とケーブル1本で接続

これなら前ほど邪魔にはならないし、片付けも容易になりますね(^ω^)

本当は「ワイヤレス化」が理想ですが、スペックを考えたら有線は仕方ないのかもしれません。そのぶん「軽量化」や「装着の容易さ」に力を入れて欲しいところだけど…

繰り返しになりますが、VR機器の欠点って装着の億劫さだと思うんですよ。焦点距離が合うまで調整に時間かかったり、髪の毛ペターなるから風呂入った後は装着したくなかったり、スマホに触れないの嫌だから今は止めとこうってなったり。

全部解消は無理としても、こういった利便性もしっかり進化していて欲しいなぁと思います。

欲を言えばPCでも使えたら嬉しい(無理か)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲームニュース
スポンサーリンク
ゲーム×ファーストインプレッション
タイトルとURLをコピーしました