ドラゴンボールZのアクションRPGが2019年登場!Switch版は無し?

ドラゴンボールの家庭用ゲーム最新作

「ドラゴンボールゲーム プロジェクトZ(仮称)」

が正式に発表されました。

以下、ティザーPV・情報まとめ・ゲーム内容予想です。

スポンサーリンク

「ドラゴンボールゲーム プロジェクトZ」基本情報

・ジャンルはアクションRPG

・ドラゴンボールZの物語が描かれる

・2019年発売予定

・発売ハードはPS4Xbox One

・開発はサイバーコネクトツーが担当

後発で「ゼノバース」と「ファイターズ」のSwitch版が発売されているので、今回は同時発売になるかと思っていたのですが・・・当てが外れました。

性能の落ちるSwitchでの開発はまた一手間かかるのかもしれませんね。

流石に発売されないということは無いと思いますが・・・(^_^;)たぶん

セルや魔人ブウも出てくる?

「ドラゴンボールZ」の物語を描いているとのことなので、普通に考えれば「サイヤ人編」から「魔人ブウ編」までの話になると思われます。

今のところPVから確認出来るのは、

ラディッツが地球に来る前のシーン。

ここでピッコロが来るのはおかしくない?とか煩いこと言うのは無しよー(´・ω・`)

ちょっと飛んで、あの世で界王様に修行をつけてもらうシーン。

ナッパ&ベジータ襲来。

またちょっと飛んで、ナメック星到着!

そして・・・

やめろフリーザぁー!!

クリリンを殺された怒りで超サイヤ人に覚醒!

といった感じで、今のところ確認できるのは「フリーザ編」までとなっています。

まぁ、まず「魔人ブウ編」まで収録されていると思いますが・・・

「悟空、すなわちカカロットの物語である」というナレーションがちょっと気になるんですよねぇ( ̄ω ̄;)

「人造人間編」がカカロットの物語かというと、ちょっと違う気がしません?

どうでもいいけど、この間の映画といい最近の公式は「カカロット」推しな気がする(´・ω・`)

オープンワールドゲームになる?

オープンワールドかどうかは分かりませんが、広大なドラゴンボールワールドを歩き回れるようなゲームになっていそうな感じはします。

ただ、悟空って地球に居る期間はそんなに長くないんですよね( ̄∇ ̄;)

たぶん

・ラディッツが来るまで

・人造人間が来るまでの3年間

・セルゲーム開始までの10日間(精神と時の部屋での修行含む)

・魔人ブウ編の後

(入院生活や病気で寝ていた期間は省いています)

これぐらいだと思います(笑)

この辺を忠実に再現しようとしたらゲームが成り立たなくなりそう(^_^;)

悟空が戦えない期間はプレイキャラが悟飯やベジータになるのか?それとも完全に悟空視点で進むことになるのか?

ともかく、どんなゲームになるのか楽しく妄想しながら続報を待つとしましょう!

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

フォローする