スポンサーリンク

PS4版ドラクエ11Sが発表!完全版の移植だけどグラフィックはオリジナルより劣化?

ドラクエ11にストーリーやボイスを追加した『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』のPS4/Xbox One/Windows 10/Steam版が発表されました。

PS4版の発売日は2020年12月4日(金)。価格は4980円です。

Switchで発売されたやつの移植ですね。SはSwitchのSじゃなかったのか(笑)

で、今回の発表がまた炎上しているらしいです。

まぁ「Switchで完全版発売!PS4版はDLCでの対応すら無し!」で大炎上した時に比べればボヤみたいなものだと思いますが(´・ω・`)

スポンサーリンク

PS4オリジナル版よりグラフィックが劣化?

そもそも今更マルチ展開って時点で舐めた商売してるわけですが、炎上している要因は他にもあるようです。

それがこちら↓

引用元:https://www.dq11.jp/s/pf/faq/index.html

「本作はNintendo Switch版の移植タイトルであるため、PlayStation4オリジナル版とはグラフィックデータに差異があります。ただし、解像度やフレームレートについてはPlayStation4オリジナル版と同等以上です」

あくまでSwitch版の移植だからPS4のオリジナル版よりグラフィックは劣ってますよー、ってことですね。

ふざけてんのか(#^ω^)

これは炎上するのも当然と言えるでしょう。もっと燃えて欲しいです。

まぁ、どれだけ炎上してもスクエニさんは反省しないでしょうけど…(諦観)

とはいえ、個人的にはそこまで大きな問題点だとは思っていません。

もちろんスクエニの商法は気に入りませんが、Switch版とPS4オリジナル版のグラフィックの差なんて気になる程ではないし、価格の安さを考えればなかなか魅力的なのも確かかなと。

おぼろげな記憶によれば、グラフィックの違いは光や影の表現が簡略化されていたり、PS4オリジナル版の方が遠くまでクッキリ見えたり…といった感じだった筈。解像度が上がるのであれば、違いは光や影の表現くらいになるのでは?(まぁそこが気になるかどうかは個人差あるんでしょうけど)

発売は12月なので、ドラクエ11をプレイしたことのない人は年末年始に遊んでみるのも良いのではないでしょうか。

商法に問題があるだけで、ゲームとしての評価は高いですからね(^_^;)

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

フォローする