PS5デジタルエディションは39,800円!どっちのPS5を買うべき?

新型ゲーム機PlayStation5の発売日が2020年11月12日(木)に決定!

価格はディスクドライブを備えた通常モデルが49,980円(税抜き)、デジタル・エディションが39,980円(税抜き)となっています。

いやぁ、当初想定していたよりずっと安くてビックリしましたよ(・∀・ )

PS5の噂が出始めたころは安くても6万円超える…みたいな話もありましたが、なんとデジタル・エディションに限ってはPS4Proと同額ですからね。性能差を考えたらこれは凄い!

もしかしたら、Xbox Series Sの価格発表を見て急遽値下げに踏み切ったなんてこともあるのかもしれません…

【追記(9/26)】「Xbox Series S」の価格が29,980円に値下げされました Xboxの次世代機「Xbox Se...

そう考えるとライバル機であるXboxくんの存在は大きいですね。もうお役御免だから帰っていいよ(^ω^)冗談です

それでもXbox Series Sに比べると7000円ほど高いですが(海外では$100差)、PS5デジタルエディションはディスクドライブが無いだけで機能的には通常のPS5と変わりません

機能的にXbox Series Xに劣るXbox Series Sとは立ち位置が違うわけです。

この差がどう明暗を分けるのか?注目ですね( ̄ω ̄;)

スポンサーリンク

通常モデルとデジタルエディション、どちらが買いか?

39,980円(税抜き)でPS5を買えるようにした意義は非常に大きいと思いますが、個人的にはあまりオススメしません。

通常モデルとの違いは「ディスクドライブ無し」「1万円安い」「12mm薄い」「0.6kg軽い」「最大消費電力が10W低い」といったところ。

ディスクドライブの有無と金額以外は殆ど誤差みたいなものなので、デジタル・エディションを買う理由はほぼほぼ「安いから」になるでしょう。

ただ、新作ソフトに関してはDL版よりパッケージ版の方が安いことが多いし、パッケージ版は売れるという強みがあります。

そう考えると、1万円差にそれほどのアドバンテージは感じられません(´・ω・`)

また、ディスクドライブが無いのでブルーレイの映像作品を観ることが出来ません。

Ultra HD Blu-rayに対応したプレーヤーは安いモノでも2万円くらいするので、そういった意味でも通常モデルのPS5はお得だと言えるでしょう。

よって、「ソフトはDL版しか買わない」「ブルーレイプレーヤーとしては使わない」という人以外は通常モデルを買うのが無難だと思います。

日本でも年々ダウンロード版の割合が増えてきたとはいえ、ディスクドライブの無いデジタルエディションがどれだけ売れるのか…

未知数ですね(´・ω・`)

既に争奪戦は始まっている!

各販売サイトでは既に予約が始まっています。

転売ヤー対策で抽選販売にしている所も多いので、今からでも運次第で発売日に入手可能ですよ!

ちなみに、先ほどヨドバシ.comを覗いたら混雑で入れない状態でした(´;ω;`)

個人的には発売日に焦って手に入れる必要は無いと思う反面、未だに供給不足のSwitchを見ると不安にもなるんですよねぇ…

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

フォローする