戦国乙女(PSVita) プレイアブルキャラは13人?不人気キャラはリストラか

関連記事:

戦国乙女がアクションゲームになってPSVitaに登場!
なんと、『戦国乙女』がPSVita用ゲームとして発売決定! 戦国乙女の原作はパチンコで、パチスロ化やテレビアニメ化もされている...

『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』の公式サイトが更新されました。

公式サイトはこちら

簡単なゲーム概要と世界観の説明くらいなので、大きな新情報は無いのですが・・

PVでは見られなかったキャラ選択画面が公開されています。

sengokuotome_chara

ん?ちょっと待って。

少ない

この画面だけでは断定は出来ませんが、プレイアブルキャラは13人の可能性が高そうですね。

画像から確認出来るキャラ(ノブナガ、ヒデヨシ、イエヤス、ヨシモト、マサムネ、モトナリ、ソウリン、ヨシテル)とPVで公開済みのキャラ(ドウセツ、トシイエ、ヒデアキ、リキュウ、カシン)を合わせて13人。

使えなさそうなのはシンゲン、ケンシン、ミツヒデ、モトチカ・・・(好きな人には申し訳ないですが)人選が完全に人気の有無で決まってそうですね。

タッグで考えるならマサムネとモトナリはちょっと違う気がしますし、「タッグを組む相手が居ないけど人気あるから出す」って感じがします。

違和感なくタッグを組ませるならシンゲン&ケンシンを出すか、もしくはノブナガとミツヒデを組ませてヒデヨシ&マサムネとするほうが自然です。

人気の無いキャラは容赦なく切り捨てていくスタンス、震えますね。

オウガイ組の登場にも期待していたのですが・・。

とはいえ、予算・スケジュール的に全員出せないのであれば、これが最善手なのかもしれません。

使えないというだけでシナリオには登場するみたいですし・・

「あと4人くらい何とかならなかったの?」というのが本音ですが、まぁ1人増やすだけで大変なのかもしれませんね。

減らした分、きっちりキャラ間のバランスを取って頂きたいところです。

ただ、13人だとストーリーを進めていても変わり映えしない対戦相手ばかりになりそうで、その点はちょっと危惧しています。

しかし、前回の記事で「PVでも相変わらずシンゲンとケンシンの扱い悪くて笑ってしまう」なんて言ってたらまさか使えないなんてことになるとは・・・

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする