新型PS4!小型・軽量化版と4K対応ハイエンド版の2機種を発表!

以前から「PS4 Slim」「PS4 NEO」などの名称で噂されていたPS4の新型機種がソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)から公式に発表されました。

発表されたのは、小型軽量化を実現した「プレイステーション4(CUH-2000)」と映像処理能力が向上し4K画質に対応した「プレイステーション4 Pro(CUH-7000)」の2機種となります。

以下、それぞれ詳細をまとめました。

プレイステーション4(CUH-2000)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、小型・軽量化を実現した新型「プレイステーション 4」(ハードディスクドライブ:500GB/本体色:ジェット・ブラック)(以下PS4®)を日本、北米、欧州で2016年9月15日(木)より順次、希望小売価格29,980円、299USドル、299ユーロ、259ポンドにて発売いたします

20160908_ps4_2000

引用元:https://www.jp.playstation.com/blog/
detail/3632/20160908-ps4.html

【発売日】
2016年9月15日(木)

【価格】
29,980円

【性能】
・HDD 500GB
・現行モデルに比べて30%以上の小型化
・現行モデルに比べて16%以上の軽量化
・現行モデルに比べて28%以上の消費電力軽減
・HDR映像技術に対応(既存のPS4もアップデートで対応)

この価格は魅力的ですね。これなら、ようやく日本でもPS4が爆発的に普及してくれるかもしれません。

しかし30%以上の小型化は凄い。今のPS4だって言うほど大きくないですからね。これ、メチャクチャ小さいと思いますよ。

HDR映像技術は「映像本来の明暗部を再現し色彩豊かな映像を表示する技術」らしいですが、、、ちんぷんかんぷんです(´・ω・`)まぁ、もっと綺麗でリアルな映像が楽しめるようになるとだけ思っておけばよさそう。

プレイステーション4 Pro(CUH-7000)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、映像処理能力の向上および4Kクオリティ※1の画質に対応したコンピュータエンタテインメントシステム「プレイステーション 4 Pro」(PS4®Pro)(CUH-7000シリーズ)を、2016年11月10日(木)より、日本、北米、欧州で希望小売価格44,980円(税抜)、399USドル、399ユーロ、349ポンドにて発売いたします

20160908_7000

引用元:https://www.jp.playstation.com/blog/
detail/3631/20160908-ps4pro.html

【発売日】
2016年11月10日(木)

【価格】
44,980円

【性能】
・HDD 1TB
・映像処理能力が向上(CPU、GPUの性能強化)
・4K画質に対応
・USBポートが背面に1つ追加
・HDR映像技術に対応(既存のPS4もアップデートで対応)

4K画質に関しては4Kテレビを持ってないと意味が無いですし、価格もCUH-2000に比べてかなりお高めです。

4Kテレビを持っていてPSVRも買う・・・といったリッチな方向けですかね。

海外はともかくとして、日本ではあんまり需要無さそうな気がします。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする